shirtskirt

絵を描く
  • じつぞん
  • あらや
  • はちえ
  • 鹿
  • じつぞん
  • あらや
  • はちえ
  • 鹿
  • じつぞん
  • あらや
  • はちえ
  • 鹿
  • じつぞん
  • あらや
  • はちえ
  • 鹿
  • じつぞん
  • あらや
  • はちえ
  • 鹿
  • じつぞん
  • あらや
  • はちえ
  • 鹿
  • じつぞん
  • あらや
  • はちえ
  • 鹿
  • じつぞん
  • あらや
  • はちえ
  • 鹿

インターネットの会社で働きながら、絵を描いています。


子どもの頃から受け取ってきたたくさんの創作物への感謝の気持ちを胸に、自分自身も誰かの心に何か届けられるようなものを、小さくても作っていきたいな、と思っています。


ご支援いただいたお金は、制作の元手や、イベントの参加費に当てさせていただきたいと思います。よろしくお願いします!

最近の投稿

2018年書き納め・「ここから先の世界」ライナーノーツ

こんばんは・・・!

いつのまにか大晦日、今年もあと数時間となりました。今年、なんだか早すぎないか・・・?平成最後のなせる技か・・・?


今年最後の記事として、今年初参加したコミティアで発行した漫画短編集、「ここから先の世界」のライナーノーツ・兼反省会を開催して、書き納めとしたいと思います。


はじめての薄い本発行、どきどきでしたが、目標だった50部をご購入いただくことができました。ありがとうございます・・・!


余部含めて60部あったので、残り数冊は引き続きこちらで通販中です。

https://minne.com/items/16676010




1.「今日が終わる」


同じ路線を使う友人に、帰りのバスの中で泣く日があるという話をしたら、私も!と返ってきて、自分だけじゃなかった・・・!ということがありました。夜のバスではみんな自分の時間を過ごしています。人の顔を見ていないし、座って一人になって落ち着ける時間、気持ちを緩めやすいのかもしれません。泣くと涙と一緒にストレス成分が排出されて、実際に気持ちが落ち着くそうです。帰宅中に泣くことで、家に悲しみを持ち帰らなくてよいのかもしれない。これを描いていた頃はこういうトーンの気持ちが続いていたのですが、最近は帰り道に泣くことはなくなりました。


一番最初に描いたのもあってか反省点がもりだくさんでした。コミティアで立ち読みする方にとって、最初で興味を持てるかはすごく大事で、後ろのほうに読んでほしいやつがあってもそこまでたどり着いてもらえないので、次作るとしたら冒頭はちゃんといいなと思えるやつにする。



2.「解ける魔法、解けない魔法」


12時に魔法が解けるシンデレラになぞらえて、特別な時間は終わっても、終わることのない魔法の部分を描きました。

タイトルが重要だったので、本の綴じ側にあり目立たなくなったのが誤算・・・!すべてがフラットなweb漫画との違いが勉強になりました。



3.「response」


誰かの自己表現に対する共鳴、共闘意識のような気持ちを描いてみたかった。自己表現を通じて相手への心の距離が近くなることがあるし、私自身もそれを望んで創作をしているところがあります。タイトルに悩んで、相手の発信に対するレスポンス、という意味でつけました。



4.「彼女の上京」


あの頃持っていた、みずみずしい感性が磨耗していったり、未来があるから持っていられた希望や強さは「未来」が来てしまったことで持てなくなって、人生が不安でブレていったりする。「あの頃」を思い出すこと、「あの頃」を持っていたこと、あの頃は持っていなかった「今」を持っていること、その甘美さが、過ぎさったものの苦味に甘さをプラスするのかもしれません。



5.「もしもし」


これも「response」に近く、自分の声が届く、ということをテーマにしました。いろんな場所で、自分に気づいてほしい人がいる。最初は届かなくても、届く時がやってくるかもしれない。ずっと遠いどこかで、誰かに届いて、誰かに影響を与えているかもしれないことはとても救いがあるし、私も声を受け取る側として、たくさんの表現者の声に影響受けています。



6.「大雪の日」


実際にあった思い出をもとに描きました。マイメロディと大雪の日。「彼女」が「彼女の上京」の彼女とつながっていそうな話順にしてみました。



7.「ここから先の世界」


どれだけ落ち込んだり辛くなっても、いつだって自分にできることは、今ここから先の世界を変えていくことだけ。自分が生きてきた形跡でもあり、これから変えていくこともできるかもしれない「ここ」は、いまの自分自身の原点でもある。原点ということは、ここからまた旅立てるということ。自分で立ち上がらないといけないことは厳しいけれど、立ち上がることができる、変わることができるかもしれないことは希望である。最後のページの部屋の景色、これまでの自分がここからの自分を支えてくれる部分もあることも伝わればいいな・・・と思って背景の小物や鏡の中の顔を描きました。





実際に本を作ってみて、反省も恥ずかしい部分もたくさんありましたが、得られたもののほうがずっと大きかったと思います。

本をご購入くださった方、感想をくださった方、本当に本当にありがとうございました。

新しい年、今年できなかったものを形にできるようになってみたいな。


残りわずかですが、みなさま、よいお年を!

そして、新しい年がすてきな一年となりますように。

価格と特典

いぬ 🐶

以下のものをこっそり更新します ⚗

- らくがき

- 製作中のもの

- 日々のこと

300円/月