登録・ログイン
  • スリスリくん

てらおか現象

マンガ家
メンバー:3人

はじめまして。
おもちゃを作る会社で動いたり変形する玩具の
設計の仕事をしてましたが、今はマンガを描いています。


もしご支援いただけた場合の月額の使い道は、
以前作った歯車の設計についての同人誌
https://twitter.com/radioduct/status/925648909623422977
を再度刷るための印刷代に使う予定です。


できれば続きも描きたいと思っています。




価格と特典

300円/月
メンバー:3人

日記を描きます。

最近の投稿

てらおか現象
10日前

日記① ゴトーの死について

お正月の話なのでもうずいぶん前ですが巻数の多いマンガを一気に読み返してました。
ハンターハンター、のだめカンタービレ、ダイの大冒険、宇宙兄弟など大好きなやつです。
やっぱり何回読んでも最高でした。


で、ハンターハンターを読み返して改めて思ったことがありました。
それは「やっぱりゴトーが死んだの嫌だな~」です。
多くの人が思う超普通の感想だし
そんなだいぶ前に死んだキャラのことまだ言ってんのかって思われそうですけど、
でも読み返して思っちゃったんだからしょうがないです。


そこで、嫌だな~と言っててもしょうがないので
ゴトーに死について考えてみることにしました。


まず、「ヒソカと対峙することになったキャラが死なざるをえない」のはわかります。
ヒソカは見た目通りハンターハンターのジョーカー的ポジションで、
その存在感や格を落とさないためには相手が瀕死でも生き延びたり、命からがら逃げ切れたり、
死んでほしくないキャラだけ助かる、なんて都合いいことがあってはいけません。


例外としてレイザーに指を折られたり、その後クロロに負けたりしていますが
それはグリードアイランドのゲームや、あえて自分が死ぬ可能がある状況でのクロロとの戦いだったりと、
ヒソカが望んでやっていることなので格を落とすことに繋がらないと思います。
なのでヒソカが「狩る」目的で行動した以上、対戦相手は必ず死ななくてはなりません。それはわかります…
なので「ゴトー実は生きてる説」はないと思います。


ではそもそも、そんなヒソカにゴトーをぶつけない展開にはできなかったのか?
ヒソカとゴトーが戦わず済む別の展開は冨樫先生ならやろうと思えばいくらでも考えられると思いませんか?
友達にこの話をしたら「なんとなく一人くらい仲間が死んだほうが話的に良いってだけじゃないの?」と
言われてしまいましたが、複雑なパズルのように考え尽くされて作られているであろう
ハンターハンターのストーリーでなんとなくなんて雑なことをする気がしません。


そうするとだんだんゴトーの死が今後何か予定されている役割があるのでは…?という気がしてきました。
「表には出さないけど、実はすごくキルアのことを考えている」というかなり大事なポジションのゴトーが
単に殺されるだけの役割とは思えません。ポンズやポックルとは違うんです。


で、読み返して今後何か役割があると思った根拠です。


①選挙編はゴンとアルカという「キルアにとって大切な存在を救う話」でもあると思います。
そしてゴンがああいう状態になってしまったのはカイトという大切な存在のためです。
その過程で引き換えにキルアのことを大切にしているゴトーが代わりに死ぬというのが釣り合っていない気がします。
特にゴトーの死が自分を犠牲にして何かを達成するような劇的なシーンでもないし。


②選挙編の最後で、ゴトーの墓の前でゴトーの姿に化けたキリコ(キツネ)がいて
これから旅を楽しむキルアとアルカには黙っておこう みたいなシーンがあります。
でも、内緒にしたところで隠し通すのは難しくいずれバレると思います。キルアは携帯持ってるし。
さらにキルアは、アルカの力で体を治した一連の話をゴンに秘密にしていますが
ゴンが何かでゴトーの死を知ればその一連の話も知ることになって、キルアにもゴトーの死が伝わります。
なので、この「二人がまだ知らない部分がある」という状態が今後に繋がるのではと思いました。


③ハンターハンターには、人間の記憶を持つキメラアント、カイトの転生、死後強まる念など、
言い換えれば「強い想いがあれば死後も何かが残せる」みたいな設定が多く出て来ます。
なのでゴトーがカイトのように女の子に転生したりはないと思うので
(主要キャラは死ぬとみんな転生するのかよってなるので)
その「死後残せる何か」が再登場や念だけでなく「存在として間接的な役割がある」
という場合もあると思いました。


で、その役割ですが
「今後キルアが何か大きな選択を迫られた時、
ゴトーの死を知ることが何か行動のきっかけなる」のではないかと思いました。
②の「二人がまだ知らない部分がある」という状態が、それを知った時に何かが起こる
トリガーとして用意されてる感じです。


例えば、カイトの死がきっかけでゴンはああいう復讐のような選択しました。
その時キルアはゴンをとめようとする側でしたが、
ゴトーの死を知ったキルアが今度は逆の立場になった時どうなって…
そして今度はゴンがそれを止めるのか?


…とかです。
なんか結局は予想と言いながら自分の希望する妄想を書いてる感じになってきてしまうのでやめました…
でもとにかく今後ゴトーの名前だけでもまた出てきて欲しいですよね。以上です。


あと「ゴトーを待ちながら」ってタイトルのなんかありますよね。
そのタイトル使ってこの日記の終わりをうまく締めようと思ったけど
僕はそれが小説なのか映画なのかもよく知らないのでできませんでした。

  • 1 いいね
  • 0 コメント